交通局ホーム > ご意見・ご質問 > よくあるご質問

ご意見・ご質問

よくあるご質問

【時刻・運賃・乗車券等について】
【バス編】
【地下鉄編】
icsca(イクスカ)編】

ご質問の回答編

【時刻・運賃・乗車券等について】
Q: 市バス・地下鉄の時刻や運賃はどこに問い合わせたらいいのですか。

A: 時刻表は「せんだい市バス・地下鉄ナビ」にてお調べいただけます。
運賃や経路などの詳しい内容は,交通局案内センターでもお調べいたしますので,お気軽にお問い合わせください。

ご質問一覧へ戻る

Q:磁気カード乗車券の払戻しについて教えてください。

A: 磁気カード乗車券のご利用は、平成28年10月31日で終了しました。払い戻しについてはこちらをご覧ください。

ご質問一覧へ戻る

Q:定期券の購入方法(必要なもの,購入場所等)を教えてください。

A:定期券は利用日の14日前から購入できます。
通学定期券の場合,新規購入時は学校長等が発行する通学証明書が必要です。継続購入時は,利用中の定期券と学生証・生徒手帳の提示が必要です。
なお,毎年度最初に購入する時は,新規購入時と同様に学校長等が発行する通学証明書が必要です。
定期券はすべてicsca定期券で発行いたします。購入方法,場所等について詳しくはこちらをご確認ください。
※以下の定期券の運賃については,「せんだい市バス・地下鉄ナビ」にてお調べいただけます。
 ○市バス定期券
 ○地下鉄定期券
 ○市バスと地下鉄の連絡定期券
 ○市バスと市バスの連絡定期券
※それ以外の定期券については,案内センターまでお問い合わせください。

ご質問一覧へ戻る

Q:入学式前で通学証明書がまだないのですが、通学定期券を購入できますか。

A:入学式前で学校長等が発行する通学証明書がまだない場合、4月1日から入学式の前日までの間であれば、次のものを購入時に窓口でご提示いただくと1ヶ月定期券に限りご購入いただけます。
ただし、次回購入時には、学校長等が発行する通学証明書を必ずご提出ください。
  ・入学予定の学校の合格通知書、入学許可書等
  ・自宅住所を確認できる証明書(健康保険証・住民票・運転免許証 等)

ご質問一覧へ戻る

Q:定期券の払い戻し方法を教えてください。

A:乗車券発売所窓口に備え付けのicsca払戻し等申込書でお申し出ください。定期券を忘れずにお持ちください。利用相当額を差し引いた額を払戻しいたします。
(払戻手数料=220円)

ご質問一覧へ戻る

Q: お得な乗車券や定期券には,どんな種類がありますか。

A:市バスを市内区域全線または近郊区域全線(るーぷる仙台を除く)を1日中何回でも乗り降りできる「市バス一日乗車券」があります。
また、仙台市内の観光スポットを循環するシティループバス「るーぷる仙台」については、専用の一日乗車券があります。

地下鉄については、南北線及び東西線の全線を1日中何回でも乗り降りできる「地下鉄一日乗車券」があります。さらに、るーぷる仙台と地下鉄が1日乗り放題となる「るーぷる仙台・地下鉄共通一日乗車券」があります。
各一日乗車券を提示していただくと、科学館等の市営施設の施設割引も受けられます。(一日乗車券のご利用当日に限ります。)

そのほか、乗車の目的・行程を同じくするお客様が利用する場合にご利用いただける「市バス団体乗車券(10名以上)」、「地下鉄団体乗車券(25名分)」もあります。詳しくはこちらをご覧ください。
また、購入窓口についてはこちらをご覧ください。

ご質問一覧へ戻る

Q: 環境定期券制度~休日カルガモ家族~とは,どんな制度ですか。

A: 環境定期券制度休日カルガモ家族とは,土曜日,日曜日,祝日と年末年始(12/29~1/3)に,市バス・宮城交通バスの定期券を持っている方が同居する家族(5人まで)と一緒に,定期券表示区間内を利用した場合,家族が1人乗車1回につき,大人100円,小児50円(現金に限る)で利用できる制度です。
ご利用は,土曜日,日曜日,祝日と年末年始(12/29~1/3)のみとなっており,お盆など平日の土日ダイヤの際にはご利用できません。
また,学都仙台フリーパスではご利用できません。

ご質問一覧へ戻る

Q: 子供を連れて乗った場合の運賃はいくらですか。

A: 小児運賃(1才以上小学生以下)は大人運賃の半額です。10円未満の端数は切り上げます。詳しくはこちらをご覧下さい

ご質問一覧へ戻る

Q: 地下鉄・市バスでICカード乗車券は使えますか。

A: 地下鉄南北線・東西線、市営バス全線で利用でき、宮城交通・ミヤコーバスの一部路線でも利用できます。
また、仙台市交通局が発行するICカード乗車券icsca(イクスカ)のほか、平成28年3月26日からは、Suica(スイカ)やSuicaと相互利用を行っているPASMO(パスモ)等の他の交通系ICカードもご利用いただけるようになりました。

ご質問一覧へ戻る

Q: 市バス・地下鉄で忘れ物をした場合はどうすればいいですか。

A: 忘れ物をされた当日や忘れ物センターの営業時間外は、ご乗車になられたバスが所属する営業所又は地下鉄管区駅にお問い合わせください。
忘れ物をされた翌日(その日が土日祝日の場合はその後の土日祝日以外の日)の午後以降は、「交通局忘れ物センター」にお問い合わせください。
【問合せ先電話番号】
◆〈交通局忘れ物センター〉022-223-4812
 ※営業時間
 平日・・・午前8時30分から午後7時まで
 土・日・祝日及び12月29日から翌年1月3日まで・・・午前8時30分から午後5時まで

◆〈市バスの営業所〉
 川内営業所:022-221-3326
 白沢出張所:022-392-2557
 東仙台営業所:022-251-1420
 七北田出張所:022-372-3201
 霞の目営業所:022-286-2131
 長町営業所:022-248-2514
 実沢営業所:022-379-2422

◆〈地下鉄管区駅〉
 仙台管区駅:022-221-2042
 勾当台管区駅:022-262-7650
 東西線管区駅:022-721-6253

【忘れ物の保管場所】
 忘れ物が届けられた当日は、届けられた窓口でお預かりしております。バス乗務員に届けられた場合はそのバス乗務員が所属する営業所で、地下鉄駅窓口に届けられた場合はその窓口でそれぞれお預かりしております。
 営業所、地下鉄駅に届けられた忘れ物は、翌日(その日が土日祝日の場合はその後の土日祝日以外の日)の午後に忘れ物センターに集められ、その後3ヶ月間保管することとしておりますが、警察署に届出義務のある物品(10万円以上の現金・物品、免許証・携帯電話など所有者の個人情報が記録された物品及び第三者拾得物)は、届けられた数日後に仙台中央警察署に移管しておりますので、お受け取りに際しては保管場所を事前にご確認ください。

【忘れ物の受取方法】
 忘れ物をお受け取りの際は、運転免許証などご本人を証明できるものと、印鑑をお持ちください。

ご質問一覧へ戻る

Q: 市バス・地下鉄にペットは乗車できますか。

A: 基本的には,動物の乗車は認めておりませんが,他のお客様のご迷惑にならない範囲であれば,愛玩用の小動物の乗車を認めております。
なお,ご乗車の際は,容易に脱出できないケージ等に体の一部を露出しないように入れていただくことになっております。
また,障害者補助犬(盲導犬,介助犬及び聴導犬)については法律上,同伴によるご乗車が可能となっております。

ご質問一覧へ戻る

【バス編】
Q: 100円で乗れる区間を教えてください。

A: 次の対象区域内であれば、それぞれの区域内のどのバス停で乗り降りしても運賃は大人片道100円です。
・市中心部の「100円パッ区」対象区域内(仙台市ホームページへ)
・東西線結節3駅(八木山動物公園、薬師堂、荒井)周辺のバス100円均一運賃対象区域内(仙台市ホームページへ)
 ※平成27年12月6日から

ご質問一覧へ戻る

Q: 市バスを貸切で利用したい場合はどうすればいいですか。

A: 担当の輸送課運行計画係(022-712-8321)にお電話ください。
(注)路線バス(バスガイドなし)を市内近郊でご利用いただけます。詳しくはお問い合わせください。

ご質問一覧へ戻る

Q: 低床バスの一番前の座席が高い位置にあるのはなぜですか。また,車両後部の床面にスロープや階段がついているのはなぜですか。

A: 乗り降りしやすいように床面を低くした結果,タイヤを格納している部分が相対的に張り出すこととなり,これにのっている一番前の座席が高くなっています。また,車両後部は床下に変速機などが設置されているため床面が高くなっており,床面が低い前部との間に高低差が生じるためスロープや階段がついています。

車両構造上解決することが難しい問題ですが,これらの改善に向け,関係機関において検討が要請されている状況です。

※交通局のバリアフリーへの取組みについては,こちらをご覧下さい。
※低床バス(ノンステップバス)については,こちらをご覧下さい。

ご質問一覧へ戻る

Q: 市営バスで取り組んでいる環境対策にはどのようなものがありますか。

A: 交通局では,環境に配慮した低公害車として,平成24年4月現在アイドリングストップ装置付きディーゼルバス275台,CNG(天然ガス燃料)バス24台(うち1台はアイドリングストップ装置付き),ハイブリッドバス10台(うち9台はアイドリングストップ装置付き)の計309台(全車両の59.4%)を導入しています。

また,大気汚染防止のために,バスの排気ガスについては,黒煙濃度の確認などの点検を定期的に実施しています。

ご質問一覧へ戻る

Q: アイドリングストップ装置が付いていないバス車両でアイドリングストップを行わないのはなぜですか。

A: アイドリングストップ装置付きの車両には,セルモーターやバッテリーに,アイドリングストップを行っても故障が生じにくい対策がとられています。しかし,同装置が付いていない車両では,アイドリングストップを繰り返すことによりセルモーターやバッテリーに過大な負荷がかかり故障の原因となるため,アイドリングストップを行うことができません。

※市バスの主な車両については,こちらをご覧下さい。

ご質問一覧へ戻る

【地下鉄編】
Q: 地下鉄の駅間の所要時間と距離を教えてください。

A: ホームページでご覧いただけます。こちら(PDF:88KB)をご覧ください。

ご質問一覧へ戻る

Q: 地下鉄出入口につながるエスカレータが地上まで伸びていないのはなぜですか。また,地下鉄に下りのエスカレータがないのはなぜですか。

A: 歩道上に地下鉄出入り口のような構造物を設置する場合は円滑な通行に支障とならないよう、一定の歩道幅を確保するよう定められています。このため、上りエスカレータ等を地上部まで伸ばそうとすると多くの場合、規定された歩道幅を確保することが困難となるため、エスカレータは地上部までの途中でとめざるをえないという物理的制約を受けてしまいます。

また、下りエスカレータ設置に関しても同様であり、仮に既存階段部分に設置するとしましても、火災等の非常時における避難経路として一定の階段幅員を確保しなければならない制約もあります。

このようにエスカレータの設置には様々な制約がございますが、地下鉄南北線におきましては、平成24年度に昇降機設備増設の基本計画を定め、大規模な改良を伴わないホーム階とコンコース階を結ぶ下りエスカレータを優先的に整備することとしており、平成25年度に仙台駅に増設したのを皮切りに、順次各駅に下りエスカレータの設置を進めております。また東西線につきましては、いずれの駅においても設計段階から上り・下り両方のエスカレータを設置するよう計画し整備しております。

ご質問一覧へ戻る

Q: 地下鉄で取り組んでいる環境対策にはどのようなものがありますか。

A: 車両,設備の改修により電力使用量の削減に取り組み,改修で発生した廃棄物のリサイクルを行い,再生部材の使用を促進しています。使用済み乗車券や定期券も固形燃料にリサイクルし,再資源化を行っています。また,駅の照明について,お客様が多い朝や夕方のラッシュ時の以外の時間帯には,光センサーとの連動・タイマー設定などで部分的に消灯し,電力消費量の削減に取り組んでいます。

ご質問一覧へ戻る

© Sendai City Transportation Bureau.

サイト内検索