交通局ホーム > 仙台市電保存館

仙台市電保存館

建物外観写真

仙台市電保存館は、大正末期から半世紀にわたり市民の足として親しまれ、仙台の街を走り続けてきた市電の姿を未来に伝えるための施設として、平成3年4月25日に地下鉄富沢車両基地内に開館しました。
同館では、創業当時の1号車など市電車両や関係資料の展示、ビデオ上映など行っておりますのでご覧ください。
また、地下鉄運転士の制服をご準備しています。小さな運転士姿のお子様の写真も記念にどうぞ。お気軽に案内係員までお声がけください。
皆様のお越しをお待ちしております!

人々のくらしを支えた半世紀

大正15(1926)年11月25日、待望の木造四輪単車の市電が大町一丁目~仙台駅前~荒町間の3.3kmで営業を始 め、昭和3年(1928)年に市内中心部の循環線と芭蕉の辻線が完成し、その後、長町、八幡町、北仙台、原町の各線が延長され、総営業キロ16kmにも及びました。

市電の最盛期は、昭和30年代で、89両の車両で1日平均約10万人のお客様を運びましたが、昭和40年代のモータリゼーションの到来により、道路は混雑し、市電の速度は低下し、定時制が確保できなくなったことから、市電の利用者は年々減少していきました。

昭和51(1976)年3月31日、幾多の苦難を乗り越え、走り続けた市電は、時代の流れと交通環境の変化には勝てず、その幕を閉じることとなりました。

おもな展示品

1号車(モハI型)

大正15年9月に川崎造船所で新造された木造四輪単車。大正15年11月25日の市電創業の時から約40年にわたり、仙台市民の足として大いに活躍しました。昭和51年の市電廃止時には創業当時の姿に修復されてお別れ運転を行いました。

・定員:40人(内座席18人)
・最大寸法:7,924mm(長)×2,200mm(幅)×3,518mm(高)
・自重:7.63t
・速度:28.2km/h
・製造価格:9,450円

123号車(モハ100型)

100型は仙台市電では最初の大型車。123号車は昭和28年3月に新潟鉄工場で新造された半鋼製二軸ボギー車で、市電廃止まで長く主力電車として活躍しました。

・定員:84人(内座席28人)
・最大寸法:11,400mm(長)×2,174mm(幅)×3,665mm(高)
・自重:14.0t
・速度:21.0km/h
・製造価格:700万円

415号車(モハ400型)

昭和38年4月に日本車両製造所で製作された全鋼製二軸ボギー車。仙台市電最後の新造車で、市電廃止まで活躍しました。軽量化と自動車部品を取り入れて保守性の向上を図っていました。

・定員:84人(内座席28人)
・最大寸法:11,900mm(長)×2,200mm(幅)×3,725mm(高)
・自重:13.7t
・速度:23.8km
・製造価格:895万円

台車

昭和37年9月に製造された410号車の台車で、全国的にも珍しい直角カルダン駆動方式を採用したものです。落ち葉や積雪によるスリップを少なくする工夫が施されたほか、減速機は、自動車用歯車を使用し、部品の調達を容易にして保守性の向上を図りました。

制御器(コントローラー)

仙台市電はすべてこの直接直並列式制御器を使用していました。中央の主ハ ンドルで抵抗及び電動機の直並列制御を行い、電車の速度を調節します。また、主ハンドルを逆方向に操作することにより非常用電気ブレーキが作用するように なっています。右側のリバースハンドルは前後進の方向転換を行います。

パンタグラフ

 市電に取り付けたときの形状からZ(ゼット)パンタグラフと呼ばれていました。構造が簡単なうえ、風圧の影響を受けにくく、架線への追随性が良いなど、大変高性能であったため昭和29年頃より各車両に使用されました。



停留所名板

銘板

メインパネル各種

モーター部

ドライブギア

空気圧力計検測器
乗車券

乗車券
大正15年11月25日(創業時)のもの

回数券
昭和4年8月7日~昭和19年6月30日のもの

電車模型(一部公開中)
 昭和51年(1976年)3月31日の仙台市電廃止から、今年で40年を迎えました。
 電車模型をリニューアル中ですが、現在一部を公開しています。大崎八幡宮や停留所を走る市電を見ていると、当時にタイムスリップしたかのようです。

  • 全景

  • 大崎八幡宮の森

  • 春の停留所を再現

制服について

現在仙台市地下鉄の運転士が着用している上着と帽子をご準備しています。
サイズは男性用YA4、女性用7号で、お子様向けには少々大きいのですが、制服を着て市電に乗った写真をお撮りいただけます。
お気軽に案内係員までお声がけください。

開館時間

午前10時~午後4時

休館日

・月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
・祝日の翌日(土曜日、日曜日・祝日に当たる場合は開館)
 ※5月の休館は、2日(月)、6日(金)、9日(月)、16日(月)、23日(月)、30日(月)です。
・12月28日から翌年1月3日
※冬期間(12月1日から翌年3月19日)は土・日曜日、祝日のみ開館

入館料

無料

所在地

仙台市太白区富沢字中河原2-1
地下鉄富沢車両基地内
★地下鉄南北線富沢駅下車 西1出口より徒歩約15分(仙台駅~富沢駅間約12分)


地図

交通局オリジナルグッズの販売

・鉄道靴下 鉄下(サイズ16~20cmのみ) 400円
電コロ 500円
地下鉄南北線1000N系テープカッター 700円
地下鉄南北線駅名キーホルダー (富沢駅・長町南駅・仙台駅・勾当台公園駅・泉中央駅) 各500円
杜の爽風!仙台市地下鉄南北線1000N系DVD  2,500円

鉄下 (市電保存館限定発売)

電コロ

テープカッター

お問い合わせ

電話:022(244)1267
開館時間以外は交通局案内センター 電話:022(222)2256

© Sendai City Transportation Bureau.

サイト内検索