交通局ホーム > 地下鉄 > 利用ガイド > 車両紹介

地下鉄

車両紹介

仙台市地下鉄南北線の車両

1000N系

開業以来、長く仙台市民に親しまれてきた1000系車両を時代の要請にあわせて改修を行ったものです。
平成15年度から順次改修をはじめ、平成25年度までに全21編成を改修しました。

主な改修としては、制御装置のVVVFインバータへの変更、行先表示や室内表示のLED化、冷房装置の新設などを行い、安全性や快適性、環境性を考慮しています。

1000N系
主な設備
  • 一般座席
    一般座席
  • 優先座席
    優先座席
  • 車内案内表示装置
    車内案内表示装置
  • 運転席
    運転席
  • 前面行先表示
    前面行先表示
  • 車いすスペース
    車いすスペース
  Tc1 M1 M2 Tc2
車種 2軸ボギー制御客車 2軸ボギー電動客車 2軸ボギー電動客車 2軸ボギー制御客車
形式 1100(富沢寄) 1200 1300 1600(泉中央寄)
軌間 1,067mm
電気方式 DC1,500V 架空線式
自重 27t 37t 37t 27t
定員 144名(座)58名 144名(座)54名
(車椅子スペース有)
144名(座)54名
(車椅子スペース有)
144名(座)58名
車体最大寸法
(長×巾×高)
21,750×
2,890×
4,030mm
20,000×
2,890×
4,040mm
20,000×
2,890×
4,030mm
21,750×
2,890×
4,030mm
性能 最高運転速度75km/h 加速度3.5km/h/s
減速度 常用最大3.7km/h/s 非常・保安4.5km/h/s
主電動機 - 三相交流かご型誘導電動機
自己通風形
1時間定格160kw 1,100V 109A
1,540rpm
-
制御装置 - VVVFインバータ制御
回生ブレーキ付
- -
空気制動装置 電空協調全電気指令式電磁直通ブレーキ、応荷重付、遅れ込め制御付、保安ブレーキ付

仙台市地下鉄東西線の車両

2000系

「自然と調和し、伊達の歴史を未来へつなぐデザイン」をコンセプトにした車両が、山から街を抜け海へと仙台の東西を結びます。 車両前面には、伊達政宗公の兜の「前立て」を施し、側面の上部には空・川・海を表す「水色」のラインを、中央部には水の「青」、青葉の「緑」、街の活気や人のあたたかさの「黄」や「オレンジ」のスクエアドットを配置し、自然や人が「調和」している仙台の街を表現しています。(図@・図A)

車内全体は、落ち着いた雰囲気の配色で、座席は伊達の粋を感じさせる「紺青系」、床は、開放感のある明るい色にし、乗降口の扉窓は、地下鉄南北線と同じ独特の楕円形の形状を採用しました。(図B)

また、車両とホームとの段差・隙間を小さくして乗降しやすいようにしたり、車いすスペースを各車両に1ヶ所設置し、どの車両でも利用可能にしたほか、乗降口上部には扉の開閉動作を示すランプやチャイムを設置したり、座席中間部へ縦手すりをつけるなど、バリアフリー設備を充実しました。(図C)

2000系 図@ 車両側面
車内案内表示装置図A 車両前面
  • 車両側面
    図B 車内設備
  • インテリアイメージ
    図C バリアフリー設備
  Mc1 M1
M2 Mc2
車種 2軸ボギー制御電動客車 2軸ボギー電動客車 2軸ボギー電動客車 2軸ボギー制御電動客車
形式 2100(荒井寄) 2200 2400 2500(八木山動物公園寄)
軌間 1,435o
電気方式 DC1,500V 架空線式
自重 28.9t 27.8t 27.8t 28.9t
定員 92名(座)28名
(車椅子スペース有)
102名(座)36名
(車椅子スペース有)
102名(座)36名
(車椅子スペース有)
92名(座)28名
(車椅子スペース有)
車体最大寸法
(長×巾×高)
16,750×
2,494×
3,145o
16,500×
2,494×
3,140o
16,500×
2,494×
3,140o
16,750×
2,494×
3,145o
性能 最高運転速度70km/h 加速度3.5km/h/s
減速度 常用最大4.0km/h/s 非常・保安4.5km/h/s
主電動機 車上一次片側式 三相交流リニア誘導電動機(自然冷却式)
1時間定格135kW 1,100V 190A
制御装置   VVVFインバータ制御
回生ブレーキ付
 
空気制動装置 電空協調全電気指令式電磁直通ブレーキ,応荷重付,保安ブレーキ付

© Sendai City Transportation Bureau.

サイト内検索