交通局ホーム > 地下鉄 > 小田急線・京王線車内傷害事件の発生を受けた対策について

小田急線・京王線車内傷害事件の発生を受けた対策について

 令和3年10月31日に京王線車内で8月に小田急線で発生した傷害事件を模倣する傷害事件が発生しました。
 今回の車内傷害事件の発生を受け、全国の鉄道事業者では、共通の対策を現在検討しております。ご利用になるお客様には、車内での非常時は、まず初めに車内通報器により運転士もしくは係員にお知らせくださいますようご理解とご協力をお願いします。


対策の詳細につきましては、国土交通省のHPをご覧ください。
https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001425123.pdf



異常時、列車は次駅で止まります。
駅まで最大3分です。
まずは非常通報器でお知らせください。

© Sendai City Transportation Bureau.

サイト内検索