交通局ホーム > 企業情報 > 経営状況 > 令和3年度仙台市自動車運送事業会計予算

企業情報

経営状況

令和3年度仙台市自動車運送事業会計予算

1.事業の概要

 自動車運送事業は,高速鉄道事業とともに本市における主要な交通機関の一つとして市民生活を支えております。

 本年度においては,バリアフリー化の推進や環境・安全対策として,ドライバー異常時対応システムを搭載した低公害型ノンステップバスの導入を進めてまいります。また,バス待ち環境向上の取組みとして,バス停留所上屋の改修や増設,電照式停留所の増設を行ってまいります。さらに,利便性向上の取組みとして,バス車両のLED行先表示器について,より視認性に優れた白色LEDへの更新を開始します。

 事業を取り巻く環境は,生産年齢人口の減少や新型コロナウイルス感染症の影響等により厳しい経営状況が続くものと見込まれますが,引き続き,安全・安心を最優先として,感染症拡大防止対策に取り組むほか,新たに高速鉄道事業と合わせて策定する「仙台市交通事業経営計画」に基づき,需要動向に応じた便数調整を実施し経営の効率化を図りながら,将来にわたり安定的な事業運営に取り組むとともに,身近な公共交通機関としての役割を担えるよう努めてまいります。

2.主な事業等
■バス車両のバリアフリー化や利便性向上の取組み
  • ドライバー異常時対応システムを搭載した低公害型ノンステップバスの導入
  • バス車両のLED行先表示器の更新(令和7年度全車両更新完了予定)

  • バス車両の構造別内訳
(単位:両)
種別 令和3年度
(予定)
令和2年度
(見込)
増 減
(△減)
ノンステップバス 406 381 25
ワンステップバス 44 44 0
それ以外のバス 16 47 △31
合計 466 472 △6

■お客様サービスの向上
■便利な乗車券の販売やお得な運賃の実施
■経営の効率化
  • 需要動向に応じた便数調整(令和3年4月1日ダイヤ改正)
  • 営業所等におけるバス運転業務等の管理の委託の継続的な実施

3.業務予定量

4.収支見込

 令和3年度の収支は,営業収支では42億5千万円の赤字となる見込みで,一般会計からの補助金を受けてもなお,純損益では12億8千6百万円の赤字となる見込みです。

(単位:千円)



令和3年度収益的収入と支出の内訳

なお、予算書についてはこちらを参照してください。
令和3年度自動車運送事業会計予算(PDF:502KB)(仙台市ホームページ)
令和3年度自動車運送事業会計予算説明資料(PDF:310KB)(仙台市ホームページ)

© Sendai City Transportation Bureau.

サイト内検索