交通局ホーム > 企業情報 > 経営状況 > 平成27年度高速鉄道事業会計決算

企業情報

経営状況

平成27年度高速鉄道事業会計決算

 東西線の開業に向け必要となる全ての工事や車両試験,運行訓練及び駅務研修を予定通り終えるとともに,利用促進に向けたプロモーション活動を展開しながら,12月6日の開業当日を迎えました。一方,南北線については,引き続きお客様の視点に立ったサービスの向上と安全運行の確保に努めてまいりました。また,お客様サービスを維持しつつ効率的な事業運営を図るため,17駅において駅業務の委託を行いました。

1.主な事業等
安全対策等

信号現場機器の更新
  列車に信号内容を示す各種信号機や,走行する列車の現在位置を把握するための装置(ATO地上子)等,現場に設置している各種信号保安設備の更新を進めました(平成26年度着手,平成29年度完了予定)。


乗客サービスの向上等

昇降機設備の増設・更新
 エスカレーターの増設・更新及びエレベーターの更新を実施しました。

〔 エスカレーター(勾当台公園駅)〕

駅舎内の階段段差明瞭化工事の実施
  弱視の方でも階段段差を認識しやすいようにするため,階段の段差明瞭化工事を実施しました。

〔 段差明瞭化(長町南駅)〕

駅舎内の誘導・案内設備の整備
  視覚障がいの方でも現在地や駅施設の場所がわかるようにするため,音声・音響案内設備や触知案内図等を設置しました。
〔 触知案内図(長町駅)〕

駅舎電灯設備の省電力型への更新
  省エネルギー化への取り組みとして,電灯設備のLED化等を行いました。
〔 電灯設備の更新(愛宕橋駅)〕


車両照明の省電力型への更新
  省エネルギー化への取り組みとして,車両照明のLED化等を行いました。
〔 車両照明の更新(南北線)〕

ICカード乗車券icsca導入
  ICカード乗車券icscaについて,東西線では開業時からサービスを開始するとともに,それに合わせて南北線も含めた全ての地下鉄駅でのバスとの乗り継ぎに対して運賃支払いに利用できるポイントを付与するなど新たなサービスの提供を始め,平成28年3月26日からは「仙台Suicaエリア」での相互利用を開始しました。



東西線建設

平成27年12月6日の開業に向け事業を着実に進めました。

  • 必要となる全ての工事や車両試験の終了
  • 運行訓練及び駅務研修の実施
  • 開業機運の醸成と開業後の利用促進に向けた関係部局との連携によるプロモーション活動
    ※東西線事業についてはこちらから
利用の促進

便利でお得な乗車券の発売やサービスを実施しました。

  • 各種一日乗車券の発売
乗車券の名称 利用期間 発売額 備考
一日乗車券 全日 大人840円、小児420円 施設割引等の特典あり
土・日・休日一日乗車券   土曜・日曜・休日 大人620円、小児310円
るーぷる仙台・地下鉄共通一日乗車券  全日  大人900円、小児450円 
秋のジュニアパスプラス   8/1~11/30  中学生730円、小学生520円
※小中学生限定

2.営業実績

平成27年度の乗車人員は,67,915千人(一日平均185,560人)と前年度に比較して7,251千人,12.0%の増となり,乗車料収入は120億5千9百万円と前年度に比較して11億5千1百万円,10.5%の増となりました。

区分 18年度 19年度 20年度 21年度 22年度 23年度 24年度 25年度 26年度 27年度
乗車人員
(千人)
58,609 57,689 56,718 55,129 54,448 54,316 58,724 60,472 60,664 67,915
乗車料収入
(百万円)
11,088 10,868 10,588 10,257 9,998 9,913 10,704 10,943 10,909 12,059

(金額:消費税及び地方消費税抜き)


3.事業収支

収益的収支においては,18億4千5百万円の黒字となりました。これにより,当年度未処理欠損金は減少し877億2千4百万円が翌年度に繰り越されることになります。東西線開業に伴い減価償却費などの資本費負担が増大し厳しい経営状況となっておりますが,引き続き効率的な経営と,安全で快適な輸送サービスの提供に努めてまいります。

(単位:千円)

区  分 平成27年度 平成26年度 増減
営業収益 13,213,777 11,886,805 1,326,972
 うち運輸収益 12,059,408 10,908,599 1,150,809
営業外収益 4,842,478 4,620,267 222,211
 うち一般会計補助金 2,463,482 3,010,295 △546,813
特別利益 0 52 △52
収入合計 18,056,255 16,507,124 1,549,131
営業費用 14,595,375 11,580,662 3,014,713
 うち人件費 3,162,169 2,928,120 234,049
 うち減価償却費 7,166,702 5,278,160 1,888,542
営業外費用 1,616,152 1,456,586 159,566
 うち支払利息 1,567,078 1,435,327 131,751
特別損失 0 160,254 △160,254
支出合計 16,211,527 13,197,502 3,014,025
営業収支 △1,381,598 306,143 △1,687,741
経常収支 1,844,728 3,469,824 △1,625,096
当年度純損益 1,844,728 3,309,622 △1,464,894
当年度未処理欠損額 87,723,537 89,568,265 △1,844,728

※消費税及び地方消費税抜き

なお、決算書についてはこちらをご参照ください。
平成27年度高速鉄道事業会計決算(PDF:766KB)(仙台市ホームページ/別ウィンドウで開きます)
平成27年度高速鉄道事業会計決算の大要(PDF:363KB)(仙台市ホームページ/別ウィンドウで開きます)

© Sendai City Transportation Bureau.

サイト内検索